FC2ブログ
  • どうやら自り伝になりそうだ
    次回5月公演は、自り伝(再び京都編)になりそうだ。本居宣長が京都に遊学し、医学と文学を学んでいたころの話である。昌益の尊王と宣長の尊王がぶつかる。宣長が、天皇制に利用され太平洋戦争に利用された歴史が、今再び訪れようとしている現代日本。昌益と宣長の対立を描くことで、近未来の日本を描く。いや、来年5月は、すでに鮮明になっているのではないかと危ぶむ思いが、自り伝に駆り立てるのである。昨日、図書館に行き、...
  • 物販用の台本
    今日は、可能な限り物販用の台本を作成するつもりである。毎回、20冊くらい販売している。今回もそのくらい作る。1冊1000円で買ってもらっている。いつもならA5版サイズで作っているが、今回は、私たちが使うものと同じものにしようと思う。出演者のサイン入りの台本にしようと思うからである。そうしたら、買ってくれる人が増えるのではないかと、浅はかな考えからである。1冊でも多く売らなくては。なぜなのかというと...
  • 嘘の告白
    陽子が、すべてが嘘だったと打ち明けるシーンを稽古した。このシーンは消耗する。エネルギーが必要なのである。だから細かく分析しなければ、力づくで都合をつけてしまいがちになるのである。そのほうが表現しやすいのである。だけれども、こういうシーンこそ冷静に考えなければならない。俳優に説明する。まずなぜ告白しなければならなくなったかを説明する。その必然性を絶対的必然にまで構築していく。それには、俳優一人一人が...
  • 舞台装置、完成
    昨日は、4人がかりで、残りの舞台装置を作った。そしてすべて作り上げた。そのあと、うどんすきで飲んだ。限界までおなかに詰め込んだ。余った肉は、冷凍するしかなかった。それにしても、大量の装置である。ほかの劇団と比べたら少ない方であるが、私にとっては、気が重くなるほどの量なのである。これまでは、いかに何もない舞台にするか苦心してきたが、今回は、真逆である。次回はどうなることか。全く先が読めない。読めそう...
  • 本日、最後の装置つくり
    今日で装置つくりは終わる。もし残ったら、仕込みの日にやらなければならないから、ぜひとも仕上げなければともっていたから、昨夜は、飲むのは控えておくことにした。だが、やはり、二日酔いである。これで午前中は、はかどらないであろう。風がほとんど秋である。全く今回は天気に恵まれた。ましてや今日は塗料を塗る日である。明日も晴れるそうである。ありがたいことである。さて、そろそろ始めよう。やってるうちに酒は抜ける...

プロフィール

平石耕一事務所

劇作家・平石耕一の公演情報をお知らせ。
【次回公演】
2019年10月「橙色の嘘」シアターΧ(両国)

月別アーカイブ